Press Releases

小型のSIP9、医学的に承認された5W DC-DCコンバータはPCBスペースを節約します

28W/in3の優れた電力密度を特長とするXP PowerのSIP9パッケージ5W定格のIMM05コンバータは、競合製品比にて65%少ないPCB面積占有率、2µAという非常に低いリーク電流により医療用BF及びCFアプリケーションに最適です

国際医療規格60601-1承認のIMM05は、2:1の入力範囲、1500 VACの絶縁、及び250 Vrmsでの1 X MOPPを特長としています。コンバータの動作温度範囲は -20〜100℃にて、60℃でのフルロード動作が可能です。

IMM05はリモートオン/オフ、出力短絡及び過負荷保護を含む標準の制御と保護機能により、inhibited/抑制時のスタンバイ電流消費は僅か2.5mAの低さです。 SIP-9パッケージのIMM05用コンバーターサイズは僅か26 x 9.3 x 12.5 mmであり、PCBスペースを最小限に抑え、製品設計者のより多くの機能追加や最終製品の全体サイズ縮小を可能にします。

4.5〜9.0V、9.0〜18.0V、18.0〜36.0Vの4つの入力電圧範囲、3.3V、5、12、15Vの4つの単一出力モデル、及び +/- 12 & +/- 15 Vの2つのデュアル出力モデルを含む幅広いモデルがあります。 3年間の保証を提供するXP PowerのIMM05は競争力のある価格を有し、医療承認が必要な機器、診断、及び分散型電源アーキテクチャ等のヘルスケア・アプリケーションに最適です。

このシリーズはDigi-Key、element14、Farnell、RS Components、地域取扱店、又はXP Powerから直接入手可能にて、3年間の保証が付いています。

続きを読む - IMM05 Series