Press Releases

XP Power BQシリーズの高電圧DC電源は最大100kVまでの10kW調整電源を供給します。

XP Powerは本日、0~15kVから0~100kVまでの制御DC電力を利用する、OEMや産業、研究機関向けの高電圧10kW電源、XP Glassman BQシリーズのリリースを発表しました。この高速応答ユニットは、ラインレギュレーション用として0.005%およびロード用として0.01%のタイトな電圧調整を特色とします。最大5つまでのユニットを主/従属コンフィギュレーションで並列接続し、最大50kWを生成することができます。

19インチの7Uラックマウント・ユニットは、最新の設計位相および操作機能を組み合わせ、実績が証明された信頼性と魅力的な小売り市場価格で提供されています。BQシリーズの入力は標準として208Vacの3相で提示されていますが、さらにグローバルな需要に応え、200Vac、380Vac、415Vacおよび480Vacのオプションもご利用いただけます。効率は、全荷重で通常80%以上です。リップルは通常、定格出力電圧の0.05%RMS未満となっています。

モデルはすべてRoHS指令のCE認証を含む、EN/IEC61010標準の安全証明を取得しています。ユニットは、さらにEN61000-6-4伝導・放射熱およびEN61000-6-2:2005イミュニティ規格に準拠します。適用領域には、イオン注入、積層造形、e-ビーム溶接、スパッタリング、蒸着およびプラズマソースが含まれます。 

BQシリーズの重要な特徴の1つは、全モデルで空気層絶縁が施されている点です。主要な誘電体媒質として空気を使用することで、油の使用やカプセル密閉が不要になり、40kg未満の軽量化を実現します。また保守作業や整備作業が容易になり、総保有コストが抑えられます。  

すべてのモデルで、自動クロスオーバーにより、定電圧と定電流モード間を切り替えることができます。この機能により、過負荷、アークおよびショートに対する保護を提供します。後面パネル・スイッチを使用して、定電流または電流トリップ・モードを選択できます。さらに、アーキングに対応するため、BQシリーズ電源はアーク消去およびアーク計数制御機能を備えています。前者の機能では、各ロードのアーク後に短周期の高圧出力を禁じることでアークを消去します。アーク計数制御は、工場セット・パラメータを越えてシステムまたはロードのアーキングの問題が拡大しないよう防ぎます。これは、所定の時間内に生じるアークの回数を数え、必要な場合、電源を一度オフにする内部回路によって故障を除去し、その後あらかじめ設定された「待機時間」経過後に自動的に再起動します。

BQシリーズは、3年間保証付きで、XP Powerから直接お求めいただけます。  

続きを読む - BQ Series