Press Releases

XPパワー、ホームヘルスケアの設計を強化したウォールマウント型AC-DC電源を発表

エレクトロニクス産業向けクリティカルパワーソリューションの開発・製造で世界をリードするXPパワー社は、急速に成長する在宅医療市場に大きなメリットをもたらす IP22 定格のウォールマウント型電源の新シリーズ3種類を発表しました。これらの新製品デバイスは、業界をリードする性能を維持しながら、コストに敏感な産業用・医療用アプリケーションの広い範囲に適合しています。

患者のモニタリングは、利便性や病院への負担軽減のため、自宅や職場で行われることが多くなっています。これらの新しいパワーソリューションは、信頼性の高いDC出力を維持しながら、病院以外の遠隔地における伝送路の損失を考慮し、特に80VACまで動作するように設計されています。

AMF対応のウォールプラグアダプターシリーズは、18W(AMF18)、24W(AMF24)、36W(AMF36)の出力レベルを備え、1つの出力で5.0V~48.0Vのすべての一般電圧をカバーするため、設計者は幅広いアプリケーションに最適な装置を選択することが可能です。

すべてのAMFデバイスは、EN55011、IEC60601、UL62368など、さまざまな医療、在宅医療、ITの規格に完全に適合しています。電源が外付けであるため、あらゆる機器の設計が劇的に簡素化され、承認取得に伴う時間、コスト、リスクも排除されます。

また,Class II機器であるため,地盤の安全性が確保されていない環境でも、安全に動作させることができます。このデバイスはIP22に準拠しており、感電の危険性を低減しながら、電源の洗浄や消毒を行うことができます。AMFの電源は、2つのMOPP(Means of Patient Protection)を備えており、電源関連の問題が発生した場合にも、エンドユーザーの安全を確保します。また、漏洩電流は50μA以下で、患者に適用部品が接続される可能性があるアプリケーションでも安全に動作させることができます。

AMFの電源はすべて80~264VACの広い入力電圧範囲で動作するため、電圧変動のある地域でも余裕を持ってワールドワイドに使用することができます。交換可能なACコネクターが各機器に同梱されているため、電源(および関連する医療機器)を世界中で使用することができます。

AMF18、AMF24、AMF36シリーズは、3年保証付きで、Digi-Key、element14、Mouser、RS Components、地域の認定販売代理店、またはXP Powerから直接ご購入いただけます。

続きを読む - AMF18 Series

続きを読む - AMF24 Series

続きを読む - AMF36 Series