Press Releases

XP Powerの小型、薄型、150W AC-DC電源は、医療(BF)及びITEの承認を受けています

XP Powerはスペース&コスト重視の、産業用、ITE、及び医療用途向けの高密度、薄型、オープンフレームAC-DC電源のEPL150シリーズを発表しました。

EPL150シリーズは対流冷却で100Wの出力、及び僅か10CFMの対流で150Wの出力を生成します。 この製品は101.6 x 50.8 mmのフットプリントと25.1 mmという薄型の為、スペース制約のあるアプリケーションに最適です。クラス最高の電力密度として150Wで標準95%までの高効率を可能とし、10%負荷まで85%以上が達成されます。無負荷損失が0.5W未満である為にランニングコストが削減され、最新の環境目標と法規制に準拠します。

これらの部品は最高の柔軟性を提供する為に、クラスI又はクラスII(アース無し)の用途での使用が承認されています。

EPL150シリーズは、IEC 60950-1-1 fortnITE、ITE用のIEC 62368-1、及び医療用のIEC / ES60601-1を含む包括的な安全機関認定を備えています。 医療承認は、入力から出力への患者保護のtwo means of patient protection(2 x MOPP)と、入力からアース及び出力からアースの両方へのone means of patient protection(1 x MOPP)の為のものです。 患者の漏れ電流は50µA以下で、絶縁テスト電圧は入力 - 出力の4kVAC、及び 入力 - アース、出力 - アース の1.5kVACです。

入手可能な低ノイズ出力は12、15、18、24、28、36、及び48Vにて、12V / 0.5A定格のファン用電源が付属しています。入力は80 - 264 VACで最大動作高度は5000mにて、世界中での使用に適しています。 過電圧、過負荷、及び短絡に対する包括的な保護機能を備えており、ディレーティングにより周囲温度 + 70℃迄と、+ 50℃迄のフルパワー利用が可能です。 EPL150シリーズは、小型化、効率性、性能及び安全性承認の組合せが魅力となる自動化及びプロセス制御、放送、ITE、石油及びガス、更に医療を含む多くの業界での用途に最適です。

XP PowerのProduct Director、Gary Bocockは次のように述べています;「EPL150シリーズは、その医療的評価、小型サイズ、そして競争力のある価格にて、私達の製品群に大きな追加をもたらします。 そのクラスをリードする効率特性は、お客様にクール・ランニングと、フィット感を忘れるほどのソリューションを提供します。」

このシリーズはDigi-Key、element14、Farnell、RS Components、地域取扱店、又はXP Powerから直接入手可能にて、3年間の保証が付いています。

続きを読む - EPL150 Series