Press Releases

超広帯域8:1入力範囲、ハーフブリック150ワットDC-DCコンバータを提供します

XP Powerは超広範囲入力が必要とされる幅広いアプリケーションを対象とした、150WハーフブリックDC-DCコンバータのQSB150シリーズを発表しました。 61.5 x 57.9 x 12.7 mm(2.40 x 2.28 x 0.50インチ)の業界標準ハーフブリック・フットプリントに準拠して既存の業界標準とのピン互換性を持ち、QSB150は効率が高く通常最大92%です。 + 12〜+ 48 VDCの一般的な公称出力電圧をすべてカバーする6種の安定化シングル出力モデルは、ライン損失または非標準電圧要件に対応する必要がある場合に備えて出力の±10%電圧トリム機能を備えています 。

9~75VDCの超広入力範囲により12VDC、24VDCおよび48VDC全ての公称入力に対応します。 QSB150の使用により3種の公称バッテリ電圧に対応する事で、最終装置の変更が不要となります。 入力 - 出力間の絶縁は1,500 VDCです。 リモートオン/オフ入力のシーケンシングにより、ユニットの外部制御を提供します。

QSB150は -40℃〜+ 100℃ の最大ベースプレート温度まで、幅広い環境及び温度条件で動作可能です。

QSB150は75~600ワット範囲のベースプレート冷却モジュールにて、2:1 及び4:1 入力範囲のクオーター・ブリック、ハーフ・ブリック及びフル ・ブリック パッケージでラインナップし、3年間保証がカバーされています。

続きを読む - QSB15048W Series