環境への取り組み

私達が求められる多くの顧客要求として、効率とエネルギー消費量があります。つまり、製品の小型化、搭載部品及び廃棄物の削減等、有害物質削減への開発に焦点を当てています。

私達の目標は、環境問題に関する業界のリーダーになることです。

  • 取締役会レベルの環境委員会は、環境への影響を最小限に抑える事に焦点を当てました
  • 環境への配慮と、立法エネルギー高効率の製品に対する需要を高める
  • EICC(電子業界CSRアライアンス:Electronic Industry Citizenship Coalition)の完全会員
  • ISO14001認証取得に基づく環境マネジメントシステム

外部電源のエネルギー効率 (EPS)

外部電源の消費電力を制御するかどうか、それらは電源供給時や負荷切断時、エネルギー供給の連続性と環境負荷低減の為に重要です。外部電源はOn/Off機能を有さず、主電源の未使用時にも継続供給な為、拡張性に伴う法律や目標が設けられています。

世界中の多くの地域では、外部電源の無負荷時消費電力とアクティブモードの効率に関して、法律を制定しています。

米国ではエネルギー効率の立法機関が幾つかあります。カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC:California Energy Commission)、エネルギー自給・安全保障法(EISA:Energy Independence and Security Act)、米国エネルギー省(DOE:the United States Department of Energy)。又、電気・電子機器の制限を設定するエナジー・スターもあります。

ヨーロッパでは以前より知られているエネルギー使用製品指令(EuP)等、エネルギー関連製品 指令(ErP) は必須であり、外部電源の自主的なEU行動規範もあります。

カナダでは、カナダ天然資源省(NRCan:Natural Resources Canada)と、オーストラリアの最小エネルギーパフォーマンス基準(MEPS:Australia the Minimum Energy Performance Standard)があります。

これらは、法律に記された必須要件の僅か一例です。

最近では、米国エネルギー省とEU CoC認証の両方が、エネルギー効率と無負荷時消費電力 両方の為の、新たなより厳しい基準を設定しています。 EU CoCは又、将来の運営発展の為に、消費電力の大部分を外部電源からの最小電力を使用した、10%負荷時の効率要件、そして将来の発展を推進するための2つの層を持っています。

米国エネルギー省とEU CoC認証は、双方2層の要件を、2016年の正式発効以前の早期2014年にて導入していました。これらの新しい両要件が、アクティブ モードの効率アップと、無負荷の消費電力低減を意味します。(以下EPSの効率立法に記載)表は、以前に発動された レベルIV と レベルV 双方制限値の違いを概説し、新しい米国エネルギー省レベルVI及び、EUのCoC Tier 1 & Tier 2 の制限値と発動日です。特に米国エネルギー省の制限は現在、250W以上の出力電力と外部電源をカバーしています。尚、医療機器としての連邦承認を必要とするデバイスは、新しい米国エネルギー省の法律を免除されています。

EPSの効率立法

XP Power製品 - エネルギー効率レベル

エネルギー効率レベル IV、CEC2008、EISA2007、及びErP Step 1 に準拠
エネルギー効率レベル V、CEC2008、EISA2007、及びErP Step 2 に準拠
エネルギー効率レベル VI
エネルギー効率レベル VI 、及び CoC Tier 2

Power (W) Format Series Name 3V3 5V 9V 12V 15V 18V 19V 24V 30V 36V 48V
5 Plugtop VEL05                
5 Plugtop VER05                
6 Plugtop ACM06                
8 Plugtop VEP08              
10 Plugtop VEB10          
10 Plugtop VEB10L6        
12 Plugtop ACM12          
12 Plugtop VEL12                
12 Plugtop VER12                
15 Plugtop VEB15          
15 Plugtop VEB15L6        
15 Plugtop VEP15            
18 Plugtop VEL18              
18 Plugtop VER18              
18 Plugtop ACM18          
24 Plugtop ACM24            
24 Plugtop VEL24                
24 Plugtop VEP24            
24 Plugtop VER24              
36 Plugtop ACM36            
36 Plugtop VEL36                
36 Plugtop VER36                
15 Desktop AEL15  
15 Desktop AEL15L6  
15 Desktop AEK15  
18 Desktop VET18            
20 Desktop AEL20          
20 Desktop AEL20L6          
20 Desktop VEH20          
20 Desktop VEH20L6          
24 Desktop VET24              
30 Desktop AFM30              
30 Desktop VET30              
36 Desktop AEJ36        
36 Desktop VET36              
40 Desktop AEL40      
40 Desktop AEL40L6      
40 Desktop AEK40      
40 Desktop VEC40              
40 Desktop VEH40          
40 Desktop VEH40L6          
45 Desktop AFM45              
50 Desktop AEJ50          
50 Desktop VEC50              
50 Desktop VEF50              
60 Desktop AEL60        
60 Desktop AEL60L6        
60 Desktop AEK60        
60 Desktop AFM60              
65 Desktop VEC65                
65 Desktop ALM65            
65 Desktop VEF65              
70 Desktop AEJ70          
80 Desktop AEL80        
80 Desktop AEL80L6        
85 Desktop AHM85            
85 Desktop ALM85              
90 Desktop AJM90              
90 Desktop VEH90                
90 Desktop VES90              
100 Desktop AEJ100              
100 Desktop AHM100            
120 Desktop ALM120              
120 Desktop VEH120                
120 Desktop VES120                
150 Desktop AHM150            
150 Desktop VEH150                
150 Desktop VES150                
180 Desktop AHM180            
220 Desktop AHE220                
250 Desktop AHM250            

グリーン・パワー - 定義

Green_power_logo

エナジー・スターによる外部電源カテゴリの撤退により、私達は既にエナジー・スター・ロゴの使用を許可していません。私達は過去2年間で「グリーン」製品導入の速度を加速しており、御客様にこれらの特定の製品を強調する為に、当社独自の「グリーン・パワー」のロゴを作成しました。このロゴマークは、データシート及び他のマーケティング資料として適切に使用されています。

以下は私達の「グリーン・パワー」の意味です。
この定義は、外部電源電圧範囲とコンポーネント電源装置用両方に関する、無負荷電力制限と「グリーン・パワー」製品の平均効率の制限をカバーします。

グリーン・パワー - 詳細情報