PBR

XP PowerはBFアプリケーションを含む医療機器用の新しい500W-650W AC-DC電源を発売します

XP Powerは優れたEMC性能が重要な要件である医療用途に、BFクラスの絶縁を提供する2つの新しいAC-DC電源装置を発表しました。

PBR500とPBR650シリーズは、それぞれ最大500Wと650Wの電力レベルを提供します。 両シリーズとも47Hz〜63Hzで80VAC〜264VACの非常に広い汎用入力範囲に対応し、合計8つの単一出力電圧(12V、15V、18V、24V、28V、36V、48V及び57V)の提供により、システム設計者に柔軟性を与え、同じシリーズで多くのアプリケーションをカバーします。

どちらのシリーズも90%の効率を提供し、動作中に発生する熱を減らして寿命を延ばします。PBR500には2つのフォームがあります。 Uチャンネルフォームは自然対流冷却時に350〜400W、強制外部空冷時に450〜500Wを供給します。 可聴ノイズを低減する為の可変速一体型冷却ファンを含むカバー・バージョンは、完全な450 - 500Wソリューションを提供します。PBR650は密閉された電源で可聴ノイズの少ない可変速一体型ファンにて600 - 650Wを供給します。

これらの製品は非常に低いアース及び患者リーク電流を持ち、入力―出力間にて2 x MOPP、入力―グラウンド、及び出力―グラウンド間の両方にて1 x MOPPを提供します。 入力―出力間の絶縁は4000VACの定格で、入力―グランド、出力―対接地間の絶縁は1500VACの定格です。 伝導性及び放射性エミッションはクラスBで、どちらのシリーズもIEC / ES / EN 60601-1エディション3.1及び60601-1-2エディション4に準拠しています。両シリーズとも5Vスタンバイ電源、過電圧・過電流保護、リモートセンス、及びサーマルシャットダウンを備えています。 「AC OK」信号とリモートオン/オフ制御も含まれており、 uチャンネルバージョンのPBR500は、システム冷却ファンへの電力供給に適した12V 0.3Aの出力も提供します。

PBR500及びPBR650シリーズは、Digi-Key、element14、Farnell、RS Components、地域認定取扱店、又はXP Powerから直接入手でき、3年間の保証が付いています。

続きを読む PBR500 Series
続きを読む PBR650 Series
Print

Please login or register to post comments.

Archive