HPT5K0

新しいフル機能の3フェーズ入力、5kW AC-DC電源はソフトウェアの設定可能性を通して究極の柔軟性を提供します

ニュートラル設置・オペレーション不要による産業用アプリケーションへの設置が簡単

XP PowerはHPT5K0シリーズを発表しました。これは高電力密度、高効率、共振ゼロ電圧スイッチング(ZVS)をカバーし、ITE /産業及び医療機関の承認を受けた、三相、三線、180 ~ 528 VAC入力の 5kW AC-DC電源です。産業用アプリケーションでは利用出来ないことが多いニュートラル接続が不要な為に、設置が大幅に簡素化されます。

内蔵のデジタル制御はアナログ及びデジタル両方の制御インターフェイスにより、出力電圧(0 ~ 105%)及び出力電流(0 ~ 110%)両方の設定が可能です。システム開発をサポートしてハードウェアを変更すること無く、信号や制御を含むHPT5K0を最終アプリケーションに合わせてカスタマイズ出来る、独自のユーザプロファイルを定義する為のグラフィカルユーザインタフェース(GUI)も提供され、設計時間を短縮します。この機能により同じベースユニットを複数のアプリケーションで使用出来るようになり、拡張性が高まりコストが削減されます。 HPT5K0はPMBus、CANopen、MODBUS及びSCPIを含む複数のデジタルプロトコルを備えたI²C、RS232及びRS485シリアルバスをサポートし、設計者に柔軟性を提供します。 テクニカル&アプリーケーション・コンテンツ類も整備・提供されています。

この製品は僅か330.2 mm x 127.0 mm x 127.0 mmの小型シャーシマウントパッケージに収められており、最大94%という優れた電力密度と効率レベルを提供し、同類の製品よりも占有スペースを大幅に削減します。電源は直列または並列のふる・カレントシェアリングで構成することができ、出力電圧48V DCから400 VDCで最大25 kWの高電力システムを開発する為の、柔軟で高密度で費用効果の高いブロック構成を提供します。

HPT5K0はUV硬化&加熱等の高出力LEDアプリケーションをはじめ、バーンイン装置、レーザー、モーターコントローラー、工業用印刷(2D及び3D)、EV充電器、試験装置、電池シミュレーション及び医用画像装置、等の用途を含む、幅広い工業、技術、半導体製造及び医療用途に最適です。これらの電源は40 ms以下の非常に高速な出力スルーレートを特長としており、高精度なテストアプリケーションに最適です。 熱制御されたファンは最小の可聴ノイズでユニットを冷却・保持します。

XP Powerのプロダクト・ダイレクターであるGary Bocockは次のように述べています。「HPT5K0は非常に柔軟な構成設定が可能であり、且つ非常に費用対効果の高い強力なユニットとして高電力密度と高効率を実現します。」

電源は過酷な電気環境でのEMC耐性を考慮して設計及び認定されており、エミッションはクラスB、伝導はクラスAにて、信頼性の高い操作と統合の容易さを保証し、システムレベルの承認取得プロセスをスピードアップします。

HPT5K0シリーズは地域認定取扱店、又はXP Powerから直接入手可能です。 3年間の保証付きです。

More Info HPT5K0 Series
Print

Please login or register to post comments.

Archive