CMP250

XP Powerボディ・フローティング BF定格医療 及び 工業用アプリケーション向けの500W高ピーク電力AC-DC電源を発売

XP Powerは主に医療、及び産業、ITアプリケーションを対象とした高ピークAC-DC電源装置CMP250シリーズを発売しました。電気的特性と熱特性との柔軟な組み合わせを提供する電源装置は500ワットのピーク電力を最大60秒間供給し、250ワットの連続対流冷却電力を供給します。この高レベルな柔軟性により、モータ・アプリケーションや その他の電気機械負荷に最適なシリーズとなり、様々なアプリケーションに亘りファン冷却を必要としません。

医療用途に於けるCMP250は4kVACの入出力(I / O)アイソレーションを備え、入力-GND間の2×MOPP(Means Of Patient Protection)と1×MOPPアイソレーションを、全ての定格AC入力電圧にて提供します。最大漏洩電流250uAと患者最大漏れ電流80uAを兼ね備えており、これらの絶縁特性によりCMP250は外科手術用具、電動ベッドや椅子、ライフサポート及びイメージング製品を含む様々な機器を対象としたボディ・フローティング(BF)用途に最適です。更にこのシリーズはプリンタやその他電気機械負荷等の機器を駆動する為の長時間ピーク電流が必要なアプリケーションをサポートし、様々な産業及びITアプリケーションに適しています。

500Wのピーク電力能力は、250Wを超える連続動作可能な電源選定・実装を必要とせずにコストダウンを実現します。+ 50℃を超える-40℃〜+ 70℃の動作温度範囲と、全負荷範囲に亘って非常に平坦な効率曲線と共に89%の高効率を提供します。高効率性能による低放熱は、システムのファン冷却を必要としない対流冷却設計の実現も意味します。

薄型の1U高のシャーシと7.5 x 4インチのフットプリントで供給され、ユニバーサル80~264 VAC入力で動作するこのシリーズは、24, 36そして48 VDCの3モデルが選択可能です。その他の主な機能には、定電流過負荷特性、5V / 1.5Aのスタンバイ出力、12V / 0.6Aの補助出力が有ります。追加機能としてリモートセンス、出力インヒビット(抑制)、AC OK / Power Fail信号、最大3台の並列動作機能 が有り、これらの機能はシステム設計者に多くのオプション選択肢として提供されます。 CMP250シリーズの具体的な寸法は190.5 x 101.6 x 39.9 mmであり、このシリーズには200.5 x 104.6 x 48.8mm寸法のカバー付・バージョンも有ります。

IT / EN / UL60950-1及び EN/IEC / UL62368-1の各ITと医療安全アプリケーションの承認は次の通りANSI / AAMI ES60601-1 / EN60601-1 及びIEC60601-1です。 このシリーズはEN55032 / 11クラスB伝導性及びクラスA放射性も満たしています。 クラスB妨害・伝導性を満たす能力は、追加の外付け部品にて対応可能です。

このシリーズは、Digi-Key、element14、Farnell、RS Components、地域販売代理店、又はXP Powerから直接購入可能にて、3年間の保証が付いています。

続きを読む CMP250 Series
Print

Please login or register to post comments.

Archive