最先端の製造能力

XP Power は、世界的自然環境への影響を避ける方法で、低コスト ・短納期生産に努めています。アジアの 2 つの製造施設からは 販売だけでなく、XP Power 内での管理・監査体制に基づき、高品質、 国際的に認められた 標準、そしてエネルギー効率の優れた電源製造を提供しています。

XPベトナム:BCAグリーンマーク制度からゴールドプラス評価を取得した最初の工業用ビル

ベトナム生産工場

ホーチミン市にあるベトナム工場は、2012 年にトランスとチョークコイルの社内向生産としてスタートしました。2015 年迄に生産量は増加を続け430 万個が生産されました(2014年 340万個)。そして2014 年第 4 四半期に最初の完成品、電源・コンバーターの生産がスタートし、その後 生産は増加を続けています。

施設は熱帯気候で非住宅建築物の為、私達の業界で最も環境に優しい製造施設と最初の工業建物環境への態度を示す BCAグリーンマーク制度、シンガポール建設局によって設定された一流の環境基準であるゴールドプラスの評価を達成しました。更に建物のエネルギー効率評価だけでなく、水効率、環境保護、屋内環境品質及びその他の「グリーン」機能と技術革新をカバーしています。

施設の太陽光発電パネルの配列は、施設への電力供給に役立つと共に、雨水の建物中への「排水」処理経路としても効率使用されています。太陽光発電パネルの配列は XP Power の炭素排出量を削減するために約32トンと十分な電力を生成します。 XP Power は、その製造工程内にて水を使用している為、低レベルの水利用者ではありません。可能な限り水の使用量が最小化され、そして雨水代替使用の最大化が成されています。高効率空調システムが配備され、エネルギーが効率的な建物のエンベロープ(包絡線)を介して保存されています。

XP Power の生産プロセスは、自動ピック&プレース、自動光学検査及び自動テスト等、自動電子制御技術を導入した ハイ・ミックス 及び 高速ライン変更 へのアドバンテージを以って設計されています。このアプローチは、顧客への柔軟性というバリューを提供します。

クンシャン(昆山)生産工場

最初の製造拠点「昆山(クンシャン)」、上海は中国の近郊で 2009 年 6 月 に稼動。そこは最高級の製造技術及び装置を使用し、そのプロセスは 厳格なサプライヤーの選択と受入部品検査から始まり、最終製品の自動テストにまで及びます。

XP Power は、製品の信頼性スループットを改善・強化する為に最新機器を使用しています。これは、最新の自動ピック&プレース技術、コンピュータ制御のウェーブはんだ付け、自動光学検査による工程内検査、完全品バーンイン、そして最終的な完成品のフル機能自動テストにまで及びます。

生産能力は、顧客との契約締結前の詳細な工場監査に役立ちます。昆山施設の顧客監査は、顧客の数と、それは彼らが訪問した最高の電源機器の工場であるとのコメントを頂き、非常に成功しています。