持続可能性にコミット

XP Powerは、企業の社会的責任問題で業界をリードするべく常に取組んでいます。 XP Powerは、その超高効率の製品でエネルギーを節約して継続的に年間の温室効果ガス排出量を減らす事が出来、それが産業や医療エレクトロニクスの世界では極めて重要な役割を果たしうると考えています。

2009年にXP Powerは、環境問題にて業界をリードするというビジョンを達成する為に、環境委員会を設置しました。その委員会は、XP Power主要部門各々の環境担当者のネットワークの下に設立されました。これら環境の代表者は、会社全体のアイデアやベストプラクティスを共有し、促進し、それが動作する地域社会で責任ある環境、従業員間の行動と関与を奨励します。

審査の後、最大の貢献はXP Powerの超高効率製品の採用と開発を顧客が奨励する事により、環境保護に貢献出来る事は明確でした。これらのクラスをリードするエネルギー・ロスの低い「グリーンXP Power」製品は、材料の物理的消費を抑えて有害物質の使用を避けます。

平行してXP Powerの製品は、良好な環境慣行の中で、設備や動作コミュニティ内で採用されています。

環境方針を以下に示します:

環境方針

戦略

歴史的に電力変換は、悪名高く非効率的なプロセスでした。今日でも幾つかの分野で使用されている従来の線形トランスは、熱として入力電力の半分以上を浪費する、一般的に50%未満の効率値です。XP Powerはこの分野ではなく、有効的な半導体技術による現代的「スイッチング」技術を利用した電力変換器にて、より小型・高効率化を実現しています。

現代の電源機器は、平均80%の効率を有します。これは、従来の製品よりも大きな改善でありますが、XP Powerは更なるエネルギー浪費を減らす技術の結果、最大95%効率の製品を開発しました。

私たちの目標は、このような製品を開発し、御客様にメリットを提供・販売し続ける事です。XP Powerは、産業、医療市場分野での実績から、民生用電子機器、事務機器市場迄に及ぶ開拓者として、エネルギー効率の法律へ貢献出来る事を信じています。

私達の業界で最も環境に優しい製造施設

Mountain View

ホーチミンに位置するベトナムの施設は、BCAグリーンマーク制度、熱帯気候で非住宅建築物の為に、シンガポール建設局によって設定された一流の環境基準の厳しいゴールドプラスの評価を満たしています。この評価は、建物のエネルギー効率だけでなく、水効率、環境保護、屋内環境の質や、他の緑化機能まで、革新的にカバーしています。

太陽光発電パネルの配列は、建物内の「排水」処理システムの利用に収集され、施設や雨水への電力供給する事に役立ちます。高効率空調システムが配備され、エネルギーが効率的な建物の筒を介して保存されています。

環境担当者によって導入された、その他の環境への取り組みが有ります:

  • 低エネルギー照明
  • 節水トイレ等、水削減の取り組み
  • 北米の主要施設で利用されている充電ステーションの導入による、電気自動車の使用を奨励
  • 地球の日に自転車利用を促進し、従業員に対する啓発イベントを開催
  • 廃棄物のリサイクル
  • 夜間、電プラグを取外す
  • 電子バーン・イン検査の際に生ずる熱の、50%を再利用
  • 廃棄物はんだリサイクル サイト

電子業界市民連合(EICC)

Mountain View

電子業界市民連合(EICC)は、世界のエレクトロニクスサプライチェーンの為の業界行動規範を推進し、作業及び環境条件を改善しようとする大手電子機器メーカーの業界団体です。行動のEICC規範は、環境と企業の社会的責任の問題について、私達の業界で最高認識の標準であり、又、従業員とその幸福、健康と安全、及びビジネス倫理の治療に対処します。

XP Power は当社がEICCの行動規範を採択し、その主要サプライヤーとしての協力とコード準拠が確認され、2011年3月にEICCのフルメンバーシップを達成しました。.

EICCのフレームワークは、環境問題に関するその性質上、従業員関係、健康と安全およびビジネス倫理の継続的な改善を有し、XP Power は有効対応しています。.

当社のサプライチェーンの整合性

同様にXP Power のEICC行動規範によって選定された基準のサプライヤーを採用し、緊密に連携して同じ高い基準を維持する事を奨励します。サプライヤー監査プロセスは、環境に対する評価サプライヤーのパフォーマンス、労働、健康、及び行動のEICC規範に定め、安全性とビジネス倫理基準の治療を含みます。ポリシーとして、XP Power の政策と環境過失、又は非準拠である事が判明した場合、サプライヤーは解除されます。

同様に、定期的に実施される XP Power のサプライヤー監査だけに限らず、特に彼らの環境、企業の社会的責任と商業の問題改善を緊密に協議することに務めます。


環境や地域社会に向けて

Mountain View

CO2 排出量

2009 XP Power 自体で、次の 5 年間で年間 5% の CO2 排出量原単位の収益目標を設定します。この目的は、2005 年から2020 年の間に 40% から 45% によって GDP の単位当たりの二酸化炭素排出量を減らす、中国政府のターゲットに揃えています。XP Power は、国際的に認められた温室効果ガス (GHG) プロトコルに基づき CO2 排出量を測定し、その計測はスコープ 1 とスコープ 2 排出量を含めます。

XP Power が結果的に2009年の出荷金額の単位当たりのCO2排出量の測定を開始してから、この計測では35%の減少を確認し、グループは更なる先に、その5年間のCO2削減目標の追跡を実施しています。新しいベトナム工場に組み込まれ、追加の環境機能は、将来の更なる改善を支えます。太陽光発電パネルの配列は、約33トンの二酸化炭素排出量を削減し、年度内に電気の60,916 kWhを生成しました。



XP Power は、その製造工程内にて水を使用しているため、低レベルの水利用者であるされません。しかし、XP Power は雨水が最大化されるように、水の代替エネルギー源の使用を最小化された水の使用量を確保する事、及び任意の排水が汚染されてない事を心に留めています。ベトナムXP Power の新施設は、敷地内の水の捕捉およびリサイクルシステムを有し、建物の配管システムに「排水」を供給する循環型リサイクル システムをリードしています。

XP Power は、毎年従業員一人当たりの水使用量を削減する目標を設定しています。水政策のコピーはここにあります:

水政策

有害物質

有害物質(RoHS指令)の削減に関する欧州の法律は、この法律が工業製品で鉛などの特定有害物質のレベルが制限され2005年に発効されました。法律はヨーロッパだけで販売された製品に適用可能であり、その導入時の医療製品には適用されませんでしたが、XP Power は、それが設計準拠され、製造された製品の全てに行うことを決定しました。この決定は、環境だけのために良いだけでなく、良好なビジネス慣行でもありました。

RoHS 声明

社会との関係

環境担当者の世界的 ネットワークも奨励し、XP Power が稼動する場所のコミュニティの関与の陣頭指揮を執る。世界中の従業員は、彼らの地域社会と従事し続けています。学生への開放日を提供する事、及び XP Power はアジア、ヨーロッパ、技術及び電子工学の興味を促進する北アメリカの地域の小学校に教育キットを寄贈しました。XP Power の従業員がフードバンクに参加し、複数の慈善のための資金を調達しました。

持続可能性へのXP Power の取組みに関する詳細は、こちらを御覧下さい:

持続可能性報告書